もらい忘れの配当金はもらえる!意外と知らない配当金の「時効」

2014年ごろアベノミクスに沸きたってた頃に始めた株。勤めていた会社でも周りがあちこちで株をやりはじめたのを覚えてます。当時はよくわからず周りに流されるまま始めていたので、色々適当に手続きしていました。それが数年後意外なことになるとは思いませんでした。

今一度見直そう。証券会社との契約(登録)内容

「適当」と書きましたが、嘘を書いていたわけではなく、証券会社で開いた口座やら登録住所が古くなっていたのをそのまま放置していました。
始めた当初は毎日株をチェックするぐらい熱心だったのですが2015年の中国株大暴落の煽りをうけ、保有株が軒並み大下落。1ヶ月以上も復活しなかったことから、いつしか株に関心がなくなり、単なる負債になってしまいました。

それから二年が経過し、日経平均が2万円を超えたのをきっかけに、証券会社(松井証券)の管理画面にアクセスすると。
「お!株価復活してるやん」

で、売却しようとしたところ、口座情報が古いままでした。見てみると住所も以前のままだったので、この機会に修正しようと思いました。
おそらく皆さんのうち、株やってたけど株価下落で管理画面を見るのも怖い、、といって遠ざかってる人がいたら今一度確認して見たほうがいいです。
それでちょっと得することがあるかもしれませんから

意外と面倒な登録情報変更。でも絶対やった方が得!

松井証券の場合、住所変更はネットではできませんでした。郵送で送られてくる書類を返送して完了です。口座情報は簡単に変更できるのに、少々面倒です。

またマイナンバー告知書、というものを送らなければいけない場合もあります。その際「マイナンバー通知カード」「マイナンバーカード」のいずれかのコピーも郵送しなければなりません。私はいずれもなかったので市役所にいって「マイナンバー付きの住民票」を取り寄せました。

で、数日後、普段お付き合いのない信託銀行から封書が。「未達再送担当」??
なんと配当金が入ってるではありませんか!?

正確には「配当金領収書」とか「配当金送金依頼書」という書類です。

突然やってきた配当金!?でもなぜ?

入っていたのは、ある企業の半期ごとの配当金2年分と別の会社の半期ごとの配当金1年半分。それぞれ別の信託銀行からでした。
どうも調べたところ、配当金が発生していたが、古い住所で送れなかったが、住所変更のタイミングでようやく送付できた、とのこと。

配当金は、購入してる株価も最小単位なのでもらえても雀の涙程度だと思っていたので関心なかったですが、半期ごとに数千円。銀行の利率にするよりよほどもらえます。利率にして2%ほど。銀行に預けるより株に変えたほうがよほど価値があります。
もちろん下がるリスクもあるので、なんとも言えませんが。

そう考えると配当金も捨てたもんじゃないと思いました。

配当金の時効

二年も経過してもらえるとはラッキーでしたが、そもそも配当金の「時効」ってあるのでしょうか?

答えは「あります」
10年が原則らしいのですが、今回届いた書類をみると各社バラバラでした。会社ごとに定めているようです。
できればちゃんと口座情報、住所をちゃんとしてればそもそも未払い配当金は発生しないので、長年放置している方はぜひ見直しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする